プール熱は子供がかかりやすい病気


夏になるとプールに入る機会が多くなるかと思います。
どこかの施設に家族で入りに行くこともありますし、
子供であれば学校の体育の授業がプールになるのでテンションが上がる子も多いと思いますが、
プールに入る時はプール熱にならないように気を付けなければなりません。

プール熱は咽頭結膜熱と呼ばれる病気で、非常に感染力が強いため
子供に多く見られますが大人でもかかる可能性は十分にあるので
油断せずにきちんと対策などを考えておく必要があります。

症状としては目の充血や40度前後の高熱、食欲不振、目やに、喉の痛み、
喉の腫れといったものがみられるようになります。
全ての症状が現れなかったとしても目の充血や高熱といったものが見られる場合は
プール熱を疑うといいのではないでしょうか。

高熱に関しては5日以上も続くことがあると言われているので油断はできませんし、
肺炎を引き起こしてしまう危険性もあるので十分に気を付けるようにしましょう。

また、自分や子供が感染した場合はなるべく感染した人の近くにいないようにしたり、
タオルやコップといったものを共有しないようにする必要があります。

先程も書いたようにプール熱は感染力が非常に強いので、
感染者が使ったタオルを触って別の子供に触ってしまうと
その子供が感染してしまう恐れもあります。
ですので触ったら必ず手を洗うようにして第三者に感染させないようにすることを心掛けてください。
posted by 手足口病を治す at | プール熱について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プール熱はどうやって感染するのか


夏になると子供が授業でプールに入る機会が多くなるためプール熱に感染しないように気を付けなくてはいけなくなります。

もちろんプールに入っていなくても感染する恐れがあるので、
日頃からうがい手洗いを徹底させるようにしておくといいかもしれませんね。

プール熱は夏風邪の一種でウイルス感染するものです。
夏風邪と聞くと少し油断してしまう人もいるかもしれませんが、
プール熱の原因であるアデノウイルスはかなり感染力の強いウイルスなので
普段よりもさらに入念に行わないと予防をしていてもかかってしまう恐れがあります。
感染の仕方は主に経口感染や飛沫感染、接触感染などなどいろいろな経路で感染してしまいます。

プール熱を発症した場合はタオルや箸、コップ、お皿などなど
あらゆるものを共有しないようにしなくてはいけませんし、
学校も直ちに休ませる必要があります。

プールでの感染が多いのはウイルスが水に流されて人の中へ侵入するからで、
プール以外では感染しないとは限りません。
また、プールに入った後は水道水などで目を洗浄するかと思いますが、
これは目の粘膜が一時的でもなくなり感染しやすくなってしまうので全くの逆効果とされ、
現在ではプールに入った後でも目を洗わないようにするべきと言われています。
posted by 手足口病を治す at | プール熱について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プール熱は大人でもかかる


プール熱は大人であればかからないと思っている人も多くいるのではないでしょうか?
毎年夏になると体育に入るようになり、そこから感染してくることから
子供に多い病気と言われていますよね。

ですが、感染しているのが子供なだけで実際は大人だって十分プール熱に感染する可能性はあるんですよ。
そもそも体育の授業でプールに入っているのは子供がほとんどなのですから
子供が多いのは当たり前ですよね。

また、プールに入らなければ問題ないのかと思っている人もいますが、
プール熱というのは正式名称ではなく
正しくは咽頭結膜熱という病気でプールに入っていなかったとしても感染することは大いにあり得ます。
プール熱という名称は単にプールに入ったことが原因で感染する人が多くいたから
この名前が付けられただけのようです。

もし自分の子供がプール熱に感染した場合はものを共有して使ったりしていると
そこから体の中へウイルスが侵入して新たに感染してしまうようになるので、
家族に感染者がいる場合は同じものを共有したり近くに寄り過ぎないようにする必要があります。

これまでは子供ばかりがかかるものと思われてきましたが、
実際は大人もかかる可能性が十分にあるので自分はもう大人だからと油断していると
感染してしまうかもしれませんよ?
posted by 手足口病を治す at | プール熱について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プール熱の検査方法は2種類


自分や家族などがプール熱に感染しているかどうかを判断するためには
症状も重要ですが、まずは病院に行って検査を受ける必要があります。

どんなにプール熱と同じ症状が出ていたとしても検査によっては
ただの風邪である場合もあるのでこれは重要なことですし
病気の診断をする時は必ず行う必要があります。

プール熱に感染しているかどうかを検査する方法は簡単です。
血液検査か迅速キットと呼ばれるものを使って判断します。

プール熱はアデノウイルスが原因で起こる病気で、
感染していることが分かるとアデノウイルスをやっつけようとしている抗体がかなり上がっています。
ただこれは血液検査でしか分かりませんし、血液検査の場合はすぐには分からないので
あまりこの方法は使われていないようですね。

現在多くの病院などで使われている方法は迅速キットを用いた検査方法です。
迅速キットでは綿棒を使ってノドの部分を擦り、採取したものから陽性反応が見られれば
プール熱に感染していることが分かります。

この方法だと大体30分程度で分かるようになっているので、
病院で検査を受けたその日に分かりますし治療もその日から受けられるようになるので
よりはやく改善させていくことができます。
posted by 手足口病を治す at | プール熱について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プール熱の潜伏期間について


どんなウイルスでも体の中に入ったらすぐに発症するというわけではなく、
必ず潜伏期間と呼ばれるものがありますよね。

この潜伏期間を過ぎてから症状としていろいろなものが現れるようになるのですが、
それではプール熱の原因であるアデノウイルスはどれくらいの期間があるのでしょうか。

プール熱の場合は発症する前の5日から1週間くらいが潜伏期間と言われています。
あまりピンと来ない日数かもしれませんが、
インフルエンザの場合は潜伏期間が1日から3日程度と言われているので、
プール熱の場合はかなり長い日数になるかと思います。

この期間内に発見できればいいのですが、潜伏期間は症状が全く現れないので
発見しようにもできないことがほとんどです。

また、プール熱にかかっている間は何が起こるか分からないのであまり油断することはないですが、
熱も下がってその他の症状も見られないようになると
治ったと思って油断してしまうことが多いですよね。

しかし、実際は症状自体は消え去ってもアデノウイルスはまだ潜伏している状態なので、
例え治ったとしても1週間程度はタオルやコップといったものを共有しないようにしたり
マスクを着用などするようすると第三者へ感染させてしまうことも少なくなるので、
治ってからも油断しないようにしてくださいね。
posted by 手足口病を治す at | プール熱について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プール熱にかかった時の出席停止期間


これから夏になるとプールの授業が始まるようになりますよね。
子供はプールが好きだという子が多いので楽しみにしているかと思いますが、
この時期になるとプール熱を発症する危険性もあるので
親御さんはその対策を考えなければなりません。

プール熱はただの夏風邪であると思っている人が多いです。
確かに夏風邪の一種であることには間違いないのですが、
プール熱にかかった場合はインフルエンザのように出席停止になってしまうので
発症した場合はしばらくの間強制的に休みを取らなくてはいけなくなります。
これは学校保健法施行規則で定められていることなので守らなくてはいけません。

プール熱にかかった場合の出席停止期間ですが、
発症してからのどの痛みや熱が下がるのを待ち、
さらに結膜炎などの症状が消えてから2日経つまでとされています。
この期間が過ぎれば出席停止は解除となります。

しかし、出席停止が過ぎても体の中にはウイルスが残っていて
外に出て誰かと接触することでウイルスを感染させてしまう可能性もあるので、
学校に行けるようになったからもう安心だろうと考えるのは少しばかり間違っているかもしれませんね。

もし自分の子供にプール熱が感染しないようにしたいのであれば、
うがいや手洗いといったものを徹底させるようにしないする必要があります。
posted by 手足口病を治す at | プール熱について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。