手足口病でも入浴はできる


感染症である手足口病はプールに入ると水を媒介としていろんな場所に広がってしまい、
感染者を拡大させてしまう恐れがあるので大勢の人が入っているようなプールなどには
ウイルスが出なくなるまで入らせないようにした方が安全かと思われます。

これと同じようにお風呂もお湯を張っているので
ウイルスが溜まってしまっているのではないかと思う人も多いでしょう。
なので、入浴を控えさせようとする親もたくさんいますが、
手足口病に罹っているからといって入浴自自体を控えさせる必要はありません。
 おすすめ
⇒世界一受けたい授業でも紹介された子供・女性にオススメの「ナサリン」

もし子供が熱を出してしまっているのであれば控えさせるべきではありますが、
熱も無く元気な様子であればシャワーで体を軽く洗ってあげると良いでしょう。
どんなに感染する病気と言われていても体を清潔に保つ必要があるので浴槽には入らなくても
シャワーなどで体をサッと流す事はしてあげましょう。

浴槽に使ってゆっくり入浴するのも良いですが、
浴槽に入ると体力を使うので疲れてしまう場合があります。
ですので、軽くシャワーで洗う程度にしておきましょう。

手足口病だからと言って特別な事をする必要は無いので、
症状が酷くないのであれば普段と同じような生活をさせてあげるようにしてください。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病は大人でも感染する事がある


手足口病は主に夏から秋にかけて流行する病気で、毎年多くの子供が感染しているため
そこまで珍しい病気というわけでもありませんし、深刻になる程恐ろしい病気という事でもありません。
手足口病にかかる子供は主に大体10歳以下の子供に多く感染すると言われていますが、
この病気は大人に感染する事はないのでしょうか?

子供の場合は手足口病の元となるウイルスに対して免疫がないので簡単に感染してしまいますが、
大人の場合は免疫があるため基本的にはかからないかと思います。
子供も一度感染すれば免疫を持つので感染しにくくなりますが、手足口病のウイルスは一種類ではなく複数のウイルスがあるので、
自分が感染したウイルスと同じではない場合は再びこの病気にかかってしまう可能性があります。

大人の場合は体が弱っている時にかかりやすいので何か病気にかかっていたり、
体調が悪い時などはマスクや手洗い、うがいを意識して予防するようにしましょう。

手足口病の主な感染経路は発症している子供の鼻水や唾液、便などです。
こういったものにウイルスがくっついてくるので
飛散したり触ってしまったりした時はすぐに手を洗ったりする必要があります。

くしゃみからでも感染する事はあるのでマスクをしていないのであれば
ウイルスの侵入を防ぐのは難しいかもしれません。
しかし、マスクを着けたり手洗いやうがいなどを徹底していれば予防の手助けとなるので、
こういった事を怠らないようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病にかかっていても外出する事はできる


手足口病はウイルス感染するものなので発症した場合は極力外出するのを防ぐかと思いますが、
完治するまでは絶対に外出させてはいけないのでしょうか?

手足口病にかかってしまった場合は発疹が落ち着くまでプールに入ったりする事はできません。
水を媒介にしてウイルスが広がってしまうので、
自分の子供以外にも発症者が増えてしまう危険性があります。
なので、プールに入るのはできるだけ避けた方がいいかもしれませんが、
外出する分には特に問題はないようです。

ただ、熱がある時は無理をさせないように家で休ませてあげましょう。
また、咳やくしゃみでウイルスを拡散させてしまう事があるので
念のためマスクをしておくと良いかもしれませんね。
こういった事に気を付ければ普通に幼稚園や保育園に通ったり、
小学校に行く事も出来るのでそこまで過敏に反応しなくても良さそうです。

他の子に感染させてしまうのでは、と不安に思うのであれば
手足口病が治るまで家で休ませるのも良いでしょう。
ですが、外出する分には問題ないので
一緒に買い物に行ったりちょっと散歩をする程度だったら気にする必要はありません。
発疹が酷く周りの人に見られてしまうという時は子供も気にする場合があるので、
外出できたとしても家の中にいさせた方がいいかと思います。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病は毎年流行するもの


手足口病は毎年夏場に流行する特に珍しくはない病気なのですが、
2011年の手足口病患者は過去最高と言われるほど感染する患者が多くいたようで、
この年の手足口病は大流行となってしまったようです。
ただ、日本全体で大流行したというわけではなく、西日本を中心に流行しているようです。

手足口病はウイルスに感染した患者の唾液や鼻水、そして便からも感染すると言われていますが
プールに入ると水を媒介にして多くの子供にウイルスを感染させてしまう事も多くあります。
感染すると足の裏や手、口などに発疹ができ熱が出てしまう場合もあります。

中には手や足、口以外にも発疹が出来る場合がありますが、大体は感染したとしても
1週間から2週間程度で自然に治ってしまう事が多いようなので慌てず騒がず、
冷静に対処していくようにしましょう。

手足口病のウイルスは夏場に増殖しやすくこの季節に感染者が多くなるものですが、
秋や冬になったら感染する事はないというわけではなく、
秋でも冬でも感染する場合があるものなので流行する季節ではないからといって安心しきる事はできません。

これといって確実な予防法などはありませんが、手洗いやうがいをする事で
それなりの予防はする事ができるので毎日欠かさずに行う事を心掛けるようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口が痛くなる手足口病は食事がつらい


手足口病はその名前の通り手や足、口などを中心に発疹ができるもので、
放っておいても自然に治す事ができるそこまで恐れる必要は無い病気です。
手や足などにできる発疹は痛みを感じる事はないのですが、
痒みがでてしまうので痒みを抑える薬を貰うといいでしょう。

しかし、口にできるのは口の周りではなく口の中に口内炎のようなものができるので
食事をする時に強い痛みを感じてしまいます。
なので、それが原因で食欲の低下に繋がってしまうのですが、
毎日食事をしなければならないので少しだけでも食べさせなければなりません。

もし自分の子供が手足口病にかかってしまったら食事は味の濃いものや熱いものは避けるようにしましょう。
それと噛まないといけないようなものもできるだけ避けて、
その代わりにおかゆやプリンといった
噛まなくてもすぐに飲み込めるようなものを作ってあげるようにしてください。
そして脱水症状になるのを防ぐために薄めた緑茶や麦茶、そしてスポーツ飲料などを飲ませてあげましょう。
ただ、飲み物によっては痛みを感じるものもありますので、
嫌がったら別の飲み物を上げるようにしてください。

口の中の口内炎は日にちが経てば自然と引いていきますが、
それまでは食事などが辛くなるのでしっかいとサポートしてあげられるようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病はプールで感染する事が多い


手足口病はいろんな所から感染してしまうものなので完全に予防するという事はできません。
毎日手洗いとうがいを心掛けていればある程度予防する事はできますが、
プールに入っている時などは予防する術もないので気を付けなければなりません。

手足口病にかかっている子供がプールに入ると水を媒介としてウイルスはどんどん広がっていきます。
そんな事は分からないので子供たちは楽しそうに泳ぎ回りますが、
この時に手足口病に感染してしまうというのは珍しい事ではないようです。
夏場は菌が増殖しやすい環境にあるので普通に生活していても感染する時は感染しますが、
プールに入っている時は菌があらゆる方向に広がってしまうので感染しやすいと言えるでしょう。

とは言っても手足口病はそこまで珍しい病気というわけでもなく、
毎年多くの子供が感染しているのでもし自分の子供が感染したとしても慌てないようにしましょう。
ただ、上記でも書いたように手足口病にかかった子供がプールになどに入ると
ウイルスが拡散してしまうので病気にかかってしまった時は拡散を防ぐためにも
完治するまではプールなどに入らせないようにした方がいいでしょう。

そこまで怖くない病気だといっても稀に重篤化する場合もありますし、
多くの子供に感染させてしまう原因となる可能性もあるので
入りたがっていてもしっかりと言い聞かせるようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病の潜伏期間について


手足口病は毎年流行する病気なのでそこまで怖く感じる必要もありませんが、
感染しないに越した事はありませんので手洗いやうがいなどをして予防をしておきたいものです。
しかし、自分の子供が感染しているかどうかは発症してからでないと分からないものです。

普通、手足口病のウイルスが自分の子供の体に入り込んでも発症するまでに時間がかかるものです。
実際に症状が出るまでは潜伏期間として体の中に滞在する事になりますが、
この潜伏期間は大体3日から5日とされており、潜伏期間を過ぎると初期症状が現れるようになります。
いきなり手や足の裏、口といった所に発疹ができるというわけではなく、
まずは初期症状として口に痛みを感じるだけのようです。
     
     手足口病 子供

その後2日程度経過すると手や足といった所に発疹ができるようになり、
その時に手足口病に感染したという事が分かるようになります。
発疹の出来方から水疱瘡だと思ってしまう人もいますが、
水疱瘡のようにお腹や背中といった部分には発疹ができないそうなのでそれを目安に区別する事ができます。

  【 手足口病 グッズ 】
  posted with カエレバ
手や足にはこれといった痛みは無いようですが、口の場合は口内に白い出来物が多く現れ、
それが原因で痛みを感じやすくなるようなので子供は食べ物の食べたがらなくなってしまいます。
このように潜伏期間中は特にこれといった症状がないため気が付きにくいですが、
発症すればあっという間に症状が現れるものなのでちゃんとした対処法をしていくようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病は爪が剥がれる事もある


手足口病は毎年多くの子供が夏から秋にかけて発症し、流行となる夏カゼの一種です。
実際に発症すると手のひらや指、ひじ、足の裏、ひざ、
お尻、口のなかに発疹や出来物ができてしまいます。
口以外の発疹には痒みが出る事があり、口の中の口内炎には痛みが生じてしまいます。
しかし、手足口病は放っておいても自然に治る病気なので、
症状が出たとしてもそこまで慌てる必要はありません。

手足口病の症状は手や足、口などを中心に発疹や口内炎といったものができ、
場合によっては発熱といった症状が出る事もあります。
ただ、お腹や背中には発疹が出ないのが特徴なので水疱瘡と区別する事ができます。

主な症状はこれくらいですが、ウイルスの種類によっては
爪が剥がれてしまったり変形してしまったりする可能性があるようです。
手足口病はウイルス感染する病気でその種類も一つというわけではありません。
なので、種類によっては少し違う症状が出る場合もあると言われています。

爪が剥がれてしまったり爪の形が変形してしまう事があります。
このような症状が出るのはコクサッキーA6というウイルスで、
実際にこんな症状が出た時はびっくりしてしまうかもしれませんが、
半年程度で元通りになるので深刻に考えなくても大丈夫です。
手足口病は子供のとって辛い病気となりますが、
適切な処置を行えば綺麗に治す事ができるので焦らずに対応していくようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。