手足口病はどれくらい経過すれば治る?


手足口病は経過するごとに症状が現れる病気で、他の子供や大人にも感染する事があるので
感染しないように注意する必要があります。
潜伏期間中は感染した事に気が付く事はほとんどないのですが、
潜伏期間中は最も感染力が強いと言われているのでこの時に他の子供にも移ってしまっている可能性が高いです。

3日から5日程度経過すると今度は口の中に痛みが発生したり、
手のひらや足の裏などに発疹ができたり、口の中に口内炎がいくつもできるようになります。
場合によっては発熱や下痢などの症状も出ますが、熱の場合は3日程度で下がってしまいますし、
下痢も食事に気を付けてあげればすぐに改善させる事ができます。

手足口病は1週間程度経過すれば完治すると言われていますが、
症状が重く、重篤化すると神経症状が出たり急性脳炎などの合併症になる可能性もありますし、
合併症などによっては死亡してしまう例もあるとされています。
 おすすめ
⇒世界一受けたい授業でも紹介された子供・女性にオススメの「ナサリン」

実際、過去に大流行した際は日本でも死亡した例が報告されているので、
1週間経過しても治らなかった場合はすぐに病院へ連れて行く必要があります。

また、手足口病は子供だけではなく大人にも感染する事があります。
しかし、症状は子供のものと変わりないですし、年齢を重ねるごとに症状も軽くなるので
そこまで心配する必要はないでしょう。
posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予防接種と手足口病の関係


毎年夏から秋にかけて手足口病は流行します。
患者の多くが1歳から5歳の子供で、夏カゼの一種という扱いなので
重症化しなければそこまで恐れる必要はありません。
とは言っても病気になるよりかはならない方が良いのは言うまでもありません。
ですので予防で効果があるものはなるべくやっておきたいですが、
実は手足口病に効果的な予防法はこれと言ってないのです。

手洗いやうがいをすればウイルスを体の外に出してくれるのである程度は予防になります。
しかし、インフルエンザや水疱瘡などのように予防接種を受ける事はできません。
なぜなら手足口病に効果的なワクチンが存在していないからです。
なので予防接種を受けさせようと思っても受ける事自体できないので諦めましょう。

また、予防接種をしてから手足口病に罹ってしまった場合、
体に何らかの影響が出てしまうのではないかと不安に思う人もいますが、
これと言った影響は特にありません。

ただ、ワクチンの効果が薄くなってしまう可能性はあるかもしれません。
と言っても予防接種をしてしまってから発症したのであればどうする事も出来ないので、
まずは手足口病を完治させる事を優先に考えるようにしましょう。
それにワクチンの効果はその子供によって違うものですし、
予防接種の後に風邪などを引く子供は良くいるので深刻に考え過ぎるのは止めましょう。
posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供が手足口病に罹ったら皮膚科なのか小児科なのか


手足口病に罹る患者の多くは1歳から5歳くらいの小さな子供がほとんどです。
足の裏や手のひら、口内炎といった症状が現れ、子供によっては発熱などの症状が出る事もありますが、
もし手足口病と思われる症状が出た場合は小児科と皮膚科のどちらに行けば良いのでしょうか?

大人であれば言うまでも無く皮膚科へと言えますが、
子供の場合は皮膚科に行くよりも小児科に行った方が適切な判断をしてくれるかと思います。
皮膚科は皮膚に関する病気に詳しい事は詳しいのですが、
子供の患者が多い病気の場合は小児科の方が詳しいものがあるので、
もしかしたら誤診される可能性もあります。
ですので、自分の子供が手足口病に罹ったのであれば
小児科に行くようにすると誤診もないと思うので安心する事ができるでしょう。

病院に連れて行くと言っても重症化していないのであれば、
ウイルスが飛び火して感染者を増やさないようにする薬を貰う程度で、
後は自宅でゆっくりと治していくようになります。

手足口病は1週間程度で完治させる事ができるので、
その間食事の方法や外出などに気を付ければ自然と治す事ができるでしょう。
もし症状が酷かったりおかしいと思う点があるようなのであれば
すぐに小児科に行って診察を受けるようにしてください。
posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病が完治するまでの期間


自分の子供が手足口病にかかってしまったら一日でも早く完治させてあげたいと思うものですが、
実際には完治するまでにどれくらいの時間がかかるものなのでしょうか。

手足口病が完治するまでには大体1週間から長くても2週間程度で治まってしまうようです。
ただ、これは発疹が治まる目安で、潜伏期間を入れるともうちょっと伸びますし、
発疹が出なくなったとしてもさらに2週間はくしゃみや咳、鼻水からウイルスが飛び散りますし、
排泄物からだと1ヶ月間程度ウイルスが出続けると言われているので、
潜伏期間からウイルスが消え去るまでを入れると
完治までには一ヶ月間ちょっと時間がかかると言われています。

完治までには時間がかかりますが、発疹が治まれば普通に外出させる事も出来るので
一ヶ月間家で休ませるという必要は無いでしょう。
発疹があるのであれば保育園や幼稚園、そして小学校なども休ませた方がいいかもしれませんが
手や足などの発疹が消えてしまえばそこまで過剰に反応しなくてもいいので、
普通に通わせてあげるようにしましょう。

手足口病は夏カゼの一種として考えられているものなので、そこまで恐れる心配はありませんが
患者を増やす事は良くないので完治するまでは注意深く様子を見るようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病は人からうつる


毎年多くの子供が罹る手足口病ですが、2011年は過去最大とも言える大流行になりました。
西日本を中心としているのではありますが、症状もこれまでとは少し違い
高熱が出たり水疱を伴うような発疹ができたりもするようです。

手足口病は風邪のようにウイルス感染するものなので他の子供と一緒にいたりするとうつる可能性があります。
飛沫感染や経口感染などいろいろな方法でうつるのですが、
これは子供だけがうつるというわけではありません。
免疫を持っていないウイルスだった場合は大人でも手足口病になってしまう可能性がありますし、
体調を崩していて免疫力が低下している時も油断する事はできません。
また、潜伏期間中にうつる事が多くあるのでもしかしたら知らないうちに感染していたという場合もあります。

手足口病に効果的な予防法はこれと言ってありませんが、手洗いやうがいをすれば
ある程度予防する事ができると言われているので毎日忘れないようにやらせて癖を付けさせるようにしましょう。

手足口病はうつったとしても1週間程度で治ると言われていますが、
もしそれ以上経っても元気が無かったり発熱、嘔吐、頭痛といった症状が続いている場合は
すぐに病院へ連れて行って適切な治療を受けさせるようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病の治療方法


もし自分の子供が手足口病に感染してしまったらどんな治療で治す事ができるのでしょうか。

手足口病は毎年1歳から5歳くらいの子供が感染すると言われている病気で、
発症すれば手や足の裏、口の中といった所に水疱のような発疹ができるのが特徴です。
症状が進んでいくとこの部分以外のひじやひざ、お尻などにもできる事がありますが、
水疱瘡のようにお腹や背中にはできないようです。
手足口病が発症しても特に痛みを感じる事はないようですが、
口の中に出来た場合は激痛を感じる事があり食事をする事を嫌がる場合が多いです。

なので、なるべく早く治療を受けさせたいと思う親が多いですが、
手足口病は発症しても1週間から2週間程度で自然治癒してしまう事が多いので、
特にウイルスを排出させるための薬などは処方されないようです。

その代わりに口の痛みを抑えたり痒みを抑えるための治療をしてもらえるので、
感染してしまった時は病院に行って適切な治療を受けるようにしましょう。
病気の症状が治まるまでは無理に食事をさせるのではなくスポーツ飲料や味を薄めたお茶、
そしてプリンやおかゆなど噛まなくても食べられるようなものを与えてあげるようにしましょう。

また、この病気は免疫が無ければ大人もかかる可能性があるので、
大人だから大丈夫と安心する事はできませんよ。
posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病の治療法はこれと言って無い


夏カゼの一種として扱われている手足口病は主に1歳から5歳程度の子供に多く発症すると言われています。
小学生などでも罹ってしまう子はいますが、発症率は下がり大人になると殆ど罹らないとされています。
しかし、手足口病に罹らないとは言い切れません。

大人の場合は免疫があるので基本的に感染する事は無いので
手足口病に罹っている子供と一緒にいてもそこまで心配する必要はありませんが、
免疫のない種類のウイルスである場合は感染してしまう可能性がありますし、
体調を崩して免疫力が低下していると大人でも手足口病に罹ってしまう可能性があります。

もし、感染してしまったとしてもこれといった治療方法はなく、
病院を受診しても痒みを抑えたり口内炎の痛みを抑えるものや
新しいウイルスに感染しないようにするためのものばかりなので
病院から貰った薬を塗っておけば治りが早いというわけではありません。
特別な治療をしなくても1週間程度時間が経てば発疹は治まるので、
それまでは他の人に移さないように休むか、熱のない時に仕事に行くようにするといいでしょう。

治療法は大人だけではなく子供もないと言われています。
ですが、薬が無いからといって焦る必要は無く、時間が経てば自然に治っていくものなので
焦らずゆっくり治していくようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。