手足口病にかかっている時は外出を控えよう


小さな子供の間でかかることがある病気と言えば手足口病です。
他にもいろいろな病気がありますが、この病気は以前流行したこともある病気ですので
小さい子供がいるのであればかからないように十分注意するようにしましょう。

手足口病はその名の通り手や足、口の中といった所に水泡ができたり赤い斑点が現れます。
子供によっては風邪に似た症状が現れることがあります。
どうせ風邪だろうと思ってしまうこともありますが、明らかに風邪とは違う症状があるのであれば
早めに小児科や皮膚科に行って詳しく調べてもらうようにしてください。続きを読む
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プール熱は赤ちゃんにも感染することがある


プール熱はプールに入ることで感染する場合が多いからこのような名称になったのですが、
正式名称は咽頭結膜熱という夏風邪の一種なのです。
夏になるとプールに入っていなくても感染する場合があるので
今日は子供がプールに入らないからそこまで入念にしなくてもいいだろうと油断することはできません。

また、まだプールに入ったことがない赤ちゃんであれば感染する危険性もないのでは、
と思う人もいるかもしれませんが、もしお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて
その上の子がプール熱を発症してしまった場合は
赤ちゃんにも感染してしまう可能性が十分考えられるので安心しきることはできません。

プール熱の原因となっているアデノウイルスは非常に強い感染力を持っていて、
感染者の唾液や触ったものからでも簡単に感染してしまうことがあります。
ですので、家族の中に感染者がいる場合はまず感染した人が使ったものを共有しないようにする必要があります。

もちろんくしゃみなどからでも感染する可能性は高いので、
赤ちゃんにまで感染させたくないのであれば症状が消えて体の中からウイルスが消え去るまでは
赤ちゃんと感染者の接触を避けさせるようにした方がいいかもしれません。

赤ちゃんの場合は抵抗力も無いので普通の人よりも気を付けなければなりません。
ですので手を抜かずにしっかりと見ていくようにしましょう
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病の潜伏期間から症状が出るまで


2011年は過去最大と言われる程手足口病の患者が多くいました。
なので、2011年の手足口病は大流行とされていますが、
この病気はどんな症状なのでしょうか。

手足口病はまず潜伏期間が3日から長くても5日程度あります。
潜伏期間を過ぎると口の中に痛みが出たり手や足などに発疹ができたり、
口の中にたくさん口内炎が出来るなどの症状が現れます。
場合によってはお尻や陰部などにも発疹が出る事もあるようです。
 おすすめ
⇒世界一受けたい授業でも紹介された子供・女性にオススメの「ナサリン」

また、この他の症状として発熱などもあり、熱が出ると38度前後の熱が数日続くようです。
主な症状はこのくらいですが重症化する場合もありますし、
ウイルスによっては死亡する例もあるようです。
ただ重症化するのも死亡例も稀でウイルスの種類によっては心配する必要もありません。

手足口病は主に飛沫感染や経口感染などで他の人に移ってしまいますが、
潜伏期間中に他の人へ感染させる事もあるので
知らず知らずのうちに感染してしまっているという可能性も十分に考えられます。

予防接種やこれといった効果的な予防法などはないので防ぎようがありませんが、
毎日手洗いやうがいをするだけでもそれなりの予防には繋がるので、
徹底させるようにすると良いかもしれません。
また、手足口病は場合によっては大人に感染する可能性もあるので、
子供だけではなく大人も一緒に予防する必要があります。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病の感染力


手足口病は感染する病気と言われています。
この病気にかかっている子供と一緒にいた子供が
数日後に手足口病になってしまったという話もありますし、
プールに入っているとウイルスが拡散されるので多くの人が感染してしまう事もあります。
しかし、手足口病のウイルス感染力はそこまで高くはなく、
発症後数日経てばそこまで気にする程ではないようです。

ただ、潜伏期間中はある程度感染力が強くなると言われています。
潜伏期間中に他の子供と遊んでいたら手足口病になってしまったという報告があるくらいですので、
それなりに感染力はあるのではないでしょうか。
とは言っても潜伏期間中は子供も親も分からないのでどう防いだらいいのか分からないでしょう。
一番良いのは手洗いやうがいをする事ですが、
完全に防ぐ事はできないので感染する時は感染してしまいます。

手足口病は症状が出ている時に感染してしまうと思っている人も多いでしょう。
確かに発疹が出てから1週間程度はウイルスがありますし、
よだれや便からもウイルスが出てきています。
特に便の場合は1ヶ月程度存在してると言われているので気になってしまうかもしれませんが、
実は発症後より潜伏期間中に感染する事が多いと言われています。
なので、病気にかかっている子供がいると分かってから予防していては遅いと言えるでしょう。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病にかゆみはあるのか


手足口病の特徴といえば何と言っても手や足、
口の中などに発疹が出来たり、口内炎のようなものができたりすることではないでしょうか。
この症状が無ければ手足口病とは言えないので一番の特徴と言えますが、
この発疹にはかゆみなどはでないのでしょうか。

手足口病の事を調べてみるとかゆみは出ないとしている所が多くあります。
しかし、実際に手足口病にかかった子供の中にはかゆみが出たという子もいるようなので、
絶対に出ないという事は言えないようです。

詳しく調べてみるとやはり場合によってはかゆみが出てしまう事もあるようなので、
発疹がある部分を掻いてしまっている場合はかゆみ止めなどを買うか、
病院で処方してもらうようにすると良いかもしれません。
病院に行けば抗ヒスタミン薬を貰う事ができるので、
簡単にかゆみを取る事が出来るのではないでしょうか。

ただ、かゆみが出る部分は手や足、お尻といった部分のみで、
口の中はかゆみではなく痛みが出てしまうようです。
口の中は口内炎がたくさんできているような状況なので激痛と言ってもいいでしょう。
どうにかしてあげたいですがどうする事も出来ないので、
薬を塗ったりできるだけ噛まなくても食べられて味の薄いものをあげたり
スポーツ飲料などをあげたりして脱水症状にならないようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病は口内炎がたくさんできる


手足口病は発疹がたくさんできる病気で、重症化しない限りはそこまで恐れる事はないものです。
手や足、口、お尻などにたくさんの発疹があり、時にはかゆみを生じる事もありますが、
一番厄介なのは口にできる発疹です。
口の場合は口の周りに発疹ができるのではなく、口の中にできてしまいます。
口内炎のようなものなのですが、これは一つだけではなく中にはたくさんできてしまう子供おり、
激痛を伴う事が良くあるようです。

私たちも口内炎が出来た事があると思いますが、食べ物を食べるとしみる事が多く
食事をするのが嫌になった経験があると思います。
その口内炎が口の中にたくさんできてしまうのですからその痛みは計り知れませんよね。

と言っても食事をしないわけにはいかないのでどうにかして食事をさせるしかありません。
もし手足口病で口内炎が酷い場合は熱いものやしょっぱい、辛いというような味付け、
味の濃い食べもの、硬い食べ物などは与えないようにしましょう。

その代わりにおかゆやプリン、アイスクリームなどの噛まなくてもすぐに飲み込めるような物や、
スポーツ飲料や薄めたお茶、麦茶などで脱水症状を防ぐようにするといいでしょう。
病院に行けばそれに合わせた薬を貰う事も出来るのであまりにも酷い場合は行くといいかもしれません。

手足口病は深刻に考える必要はないと言っても症状は厳しいものなので、
親がしっかりとサポートしてあげられるようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供だけ手足口病になるのではない


毎年多くの子供が手足口病に罹っています。
特に2011年は過去最大の大流行とまで言われた程手足口病患者が多く存在しました。

手足口病の患者はほとんどが子供ですが、中には大人が感染してしまう事もあるので
大人だからと言って安心しきる事はできません。
流行しているウイルスの免疫を持っているのであれば問題ありませんが、
免疫がないウイルスが流行してしまっているのであればもしかしたら感染してしまうかもしれません。

手足口病のウイルスはたくさんあり、どのウイルスが流行するかは感染してみないと分かりません。
ですので大人である私たちには関係ないと油断していると
自分も患者の一人となってしまう可能性が十分あるので注意するようにしましょう。

大人も子供も症状は同じようなものではありますが、子供に比べると大人の方が症状は軽くなります。
これは年齢を重ねるごとに軽くなるのですぐに治す事ができるでしょう。
しかし、これといった治療法は特にないので痒みを抑えたり、
口内炎の痛みを抑える薬、そして飛び火させないための薬くらいしかありません。

後は発疹が治まるまで掻いたりしないでゆっくりと休むか、
発熱が無いのであれば仕事に出る事も問題ないでしょう。
子供だけが罹るものと思っていたら大変な目に遭ってしまうかもしれませんので、
油断しないように気を付けましょう。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病の症状とは


毎年流行となる手足口病ですが、手足口病の症状はどんなものなのでしょうか。

手足口病の症状は主に手のひらや足の裏といった所に発疹ができ、口の中には口内炎ができます。
ウイルスの種類によっては手のひらや足の裏だけではなく、
お尻や陰部といった部分にまで発疹ができてしまう事があります。
さらに子供によっては発熱や下痢などの症状が現れることもありますが、
どれも数日で治まってしまうのでそこまで心配する必要は無いでしょう。

また、急性脳炎や急性髄膜炎などの合併症を引き起こす可能性もありますし、
それが原因で死亡する例もあるのでもし1週間以上経っても治らなかったり、
嘔吐や頭痛、発熱などが長く続くようであればすぐに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

さらに手足口病に感染するのは小さな子供だけではなく
大人も感染してしまう恐れがあるので注意が必要です。
大人がなる手足口病の症状もそこまで変わるものは無いのですが、皮膚の症状が強く現れる事があります。
とは言っても子供の時より症状は軽いので慌てる必要はありません。

手足口病は効果的な治療法は無いので、対処療法をしていくしかありません。
また、この病気に罹ったからといって保育園や幼稚園、そして学校を休ませる必要は特にありません。
ですが、中には条件付きである場合がある事もあるのでちゃんと確認してから通わせるようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病で下痢になる事がある


ウイルスの感染症として知られている手足口病は
手や足などに発疹、口の中に口内炎ができるのが特徴です。
場合によっては38度前後の発熱がある場合もありますし、下痢になる事も良くあるようです。
これらの症状は一時的になるもので、熱は2日から3日経てば自然に下がっていってしまいますし、
下痢もそこまで酷くはならないので冷静に対処するようにしましょう。

下痢をしている場合は食事の仕方に気を付けてあげましょう。
乳製品や果汁が入っているもの、油や脂肪分が多く含まれている食べ物、
卵を使った料理は腸に良くないので、
下痢をしている間はこういった食事を控えるようにしてください。

また、この症状が出ている時はアレルギーが起こりやすくなってしまうので、
軽いアレルギーだったとしても絶対にあげないようにしてください。
乳製品も下痢を長引かせてしまう事があるのでなるべくあげないようにしましょう。

下痢の際は手足口病出なくても腸を休ませてあげる必要があるので、
今後この症状が出た時にはこれらの事に気を付けるようにするといいかもしれません。
こういった食事以外は特に問題ないので、
あとは口内炎がしみないような食事を作ってあげるようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手足口病とは何か


手足口病とは一体どんな病気なのでしょうか。
手足口病は主に1歳から5歳の子供に多くかかる病気で、
主に手や足、口といった箇所に症状が出ると言われています。

この病気はウイルス感染するものなので特にこれと言った薬はなく、
使ったとしても効果は無いですし自然に治癒させる事が可能なので薬の必要もありません。
手足口病は発症するとまず口に痛みが出てきて、その後手のひらや足の裏、ひじ、ひざ、指、お尻、
場合によっては陰部に発疹ができ、口の中には口内炎のような出来物がいくつもできるようになります。
口以外は特に痛みを感じたりする事はありませんがその変わりに痒みがある事があり、
口の中には出来物がたくさんあるので食べ物を口の中に入れると激痛が走ります。

ですので、多くの子供がこの病気にかかると食べ物を食べたがらなくなる傾向があります。
と言っても何も食べないわけにはいかないので、こういった時はおかゆやプリン、
アイスクリームといった噛まなくても食べられるものや
スポーツ飲料などを飲ませて脱水症状にならないようにしましょう。
また、場合によっては熱が出る事もありますがそこまで高くはならないので安心してください。

手足口病とはウイルスによって発疹が出来る病気の事で、
毎年流行している病気なので深刻に考えなくても大丈夫です。
ただ、免疫を持っていない大人の場合はこの病気にかかる可能性もありますし、
手足口病とは違う病気かもしれないので病院で正しい判断をしてもらうようにしましょう。
posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。