手足口病にかかっている時は外出を控えよう


小さな子供の間でかかることがある病気と言えば手足口病です。
他にもいろいろな病気がありますが、この病気は以前流行したこともある病気ですので
小さい子供がいるのであればかからないように十分注意するようにしましょう。

手足口病はその名の通り手や足、口の中といった所に水泡ができたり赤い斑点が現れます。
子供によっては風邪に似た症状が現れることがあります。
どうせ風邪だろうと思ってしまうこともありますが、明らかに風邪とは違う症状があるのであれば
早めに小児科や皮膚科に行って詳しく調べてもらうようにしてください。 また、手足口病は他の子に感染してしまう恐れのある病気です。
なので、この病気に罹ってしまった時は幼稚園なども休ませるようにしたり
学校もしばらくの間お休みさせるようにしてください。

外出も他の人に感染させてしまう恐れがあるので外出は極力控えるようにしてください。
どのくらいの期間外出は避けるべきなのかというと、
水泡が見られなくなり症状が落ち着いてくるまでです。

とにかく水泡が出ている間は感染する可能性も高くなるので
外出はできるだけさせないようにしましょう。


posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。