プール熱は赤ちゃんにも感染することがある


プール熱はプールに入ることで感染する場合が多いからこのような名称になったのですが、
正式名称は咽頭結膜熱という夏風邪の一種なのです。
夏になるとプールに入っていなくても感染する場合があるので
今日は子供がプールに入らないからそこまで入念にしなくてもいいだろうと油断することはできません。

また、まだプールに入ったことがない赤ちゃんであれば感染する危険性もないのでは、
と思う人もいるかもしれませんが、もしお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて
その上の子がプール熱を発症してしまった場合は
赤ちゃんにも感染してしまう可能性が十分考えられるので安心しきることはできません。

プール熱の原因となっているアデノウイルスは非常に強い感染力を持っていて、
感染者の唾液や触ったものからでも簡単に感染してしまうことがあります。
ですので、家族の中に感染者がいる場合はまず感染した人が使ったものを共有しないようにする必要があります。

もちろんくしゃみなどからでも感染する可能性は高いので、
赤ちゃんにまで感染させたくないのであれば症状が消えて体の中からウイルスが消え去るまでは
赤ちゃんと感染者の接触を避けさせるようにした方がいいかもしれません。

赤ちゃんの場合は抵抗力も無いので普通の人よりも気を付けなければなりません。
ですので手を抜かずにしっかりと見ていくようにしましょう


posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。