プール熱にかかった時の出席停止期間


これから夏になるとプールの授業が始まるようになりますよね。
子供はプールが好きだという子が多いので楽しみにしているかと思いますが、
この時期になるとプール熱を発症する危険性もあるので
親御さんはその対策を考えなければなりません。

プール熱はただの夏風邪であると思っている人が多いです。
確かに夏風邪の一種であることには間違いないのですが、
プール熱にかかった場合はインフルエンザのように出席停止になってしまうので
発症した場合はしばらくの間強制的に休みを取らなくてはいけなくなります。
これは学校保健法施行規則で定められていることなので守らなくてはいけません。

プール熱にかかった場合の出席停止期間ですが、
発症してからのどの痛みや熱が下がるのを待ち、
さらに結膜炎などの症状が消えてから2日経つまでとされています。
この期間が過ぎれば出席停止は解除となります。

しかし、出席停止が過ぎても体の中にはウイルスが残っていて
外に出て誰かと接触することでウイルスを感染させてしまう可能性もあるので、
学校に行けるようになったからもう安心だろうと考えるのは少しばかり間違っているかもしれませんね。

もし自分の子供にプール熱が感染しないようにしたいのであれば、
うがいや手洗いといったものを徹底させるようにしないする必要があります。


posted by 手足口病を治す at | プール熱について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。