予防接種と手足口病の関係


毎年夏から秋にかけて手足口病は流行します。
患者の多くが1歳から5歳の子供で、夏カゼの一種という扱いなので
重症化しなければそこまで恐れる必要はありません。
とは言っても病気になるよりかはならない方が良いのは言うまでもありません。
ですので予防で効果があるものはなるべくやっておきたいですが、
実は手足口病に効果的な予防法はこれと言ってないのです。

手洗いやうがいをすればウイルスを体の外に出してくれるのである程度は予防になります。
しかし、インフルエンザや水疱瘡などのように予防接種を受ける事はできません。
なぜなら手足口病に効果的なワクチンが存在していないからです。
なので予防接種を受けさせようと思っても受ける事自体できないので諦めましょう。

また、予防接種をしてから手足口病に罹ってしまった場合、
体に何らかの影響が出てしまうのではないかと不安に思う人もいますが、
これと言った影響は特にありません。

ただ、ワクチンの効果が薄くなってしまう可能性はあるかもしれません。
と言っても予防接種をしてしまってから発症したのであればどうする事も出来ないので、
まずは手足口病を完治させる事を優先に考えるようにしましょう。
それにワクチンの効果はその子供によって違うものですし、
予防接種の後に風邪などを引く子供は良くいるので深刻に考え過ぎるのは止めましょう。


posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。