手足口病は大人でも感染する事がある


手足口病は主に夏から秋にかけて流行する病気で、毎年多くの子供が感染しているため
そこまで珍しい病気というわけでもありませんし、深刻になる程恐ろしい病気という事でもありません。
手足口病にかかる子供は主に大体10歳以下の子供に多く感染すると言われていますが、
この病気は大人に感染する事はないのでしょうか?

子供の場合は手足口病の元となるウイルスに対して免疫がないので簡単に感染してしまいますが、
大人の場合は免疫があるため基本的にはかからないかと思います。
子供も一度感染すれば免疫を持つので感染しにくくなりますが、手足口病のウイルスは一種類ではなく複数のウイルスがあるので、
自分が感染したウイルスと同じではない場合は再びこの病気にかかってしまう可能性があります。

大人の場合は体が弱っている時にかかりやすいので何か病気にかかっていたり、
体調が悪い時などはマスクや手洗い、うがいを意識して予防するようにしましょう。

手足口病の主な感染経路は発症している子供の鼻水や唾液、便などです。
こういったものにウイルスがくっついてくるので
飛散したり触ってしまったりした時はすぐに手を洗ったりする必要があります。

くしゃみからでも感染する事はあるのでマスクをしていないのであれば
ウイルスの侵入を防ぐのは難しいかもしれません。
しかし、マスクを着けたり手洗いやうがいなどを徹底していれば予防の手助けとなるので、
こういった事を怠らないようにしましょう。


posted by 手足口病を治す at | 知っておくべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。