手足口病の潜伏期間から症状が出るまで


2011年は過去最大と言われる程手足口病の患者が多くいました。
なので、2011年の手足口病は大流行とされていますが、
この病気はどんな症状なのでしょうか。

手足口病はまず潜伏期間が3日から長くても5日程度あります。
潜伏期間を過ぎると口の中に痛みが出たり手や足などに発疹ができたり、
口の中にたくさん口内炎が出来るなどの症状が現れます。
場合によってはお尻や陰部などにも発疹が出る事もあるようです。
 おすすめ
⇒世界一受けたい授業でも紹介された子供・女性にオススメの「ナサリン」

また、この他の症状として発熱などもあり、熱が出ると38度前後の熱が数日続くようです。
主な症状はこのくらいですが重症化する場合もありますし、
ウイルスによっては死亡する例もあるようです。
ただ重症化するのも死亡例も稀でウイルスの種類によっては心配する必要もありません。

手足口病は主に飛沫感染や経口感染などで他の人に移ってしまいますが、
潜伏期間中に他の人へ感染させる事もあるので
知らず知らずのうちに感染してしまっているという可能性も十分に考えられます。

予防接種やこれといった効果的な予防法などはないので防ぎようがありませんが、
毎日手洗いやうがいをするだけでもそれなりの予防には繋がるので、
徹底させるようにすると良いかもしれません。
また、手足口病は場合によっては大人に感染する可能性もあるので、
子供だけではなく大人も一緒に予防する必要があります。


posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。