手足口病が完治するまでの期間


自分の子供が手足口病にかかってしまったら一日でも早く完治させてあげたいと思うものですが、
実際には完治するまでにどれくらいの時間がかかるものなのでしょうか。

手足口病が完治するまでには大体1週間から長くても2週間程度で治まってしまうようです。
ただ、これは発疹が治まる目安で、潜伏期間を入れるともうちょっと伸びますし、
発疹が出なくなったとしてもさらに2週間はくしゃみや咳、鼻水からウイルスが飛び散りますし、
排泄物からだと1ヶ月間程度ウイルスが出続けると言われているので、
潜伏期間からウイルスが消え去るまでを入れると
完治までには一ヶ月間ちょっと時間がかかると言われています。

完治までには時間がかかりますが、発疹が治まれば普通に外出させる事も出来るので
一ヶ月間家で休ませるという必要は無いでしょう。
発疹があるのであれば保育園や幼稚園、そして小学校なども休ませた方がいいかもしれませんが
手や足などの発疹が消えてしまえばそこまで過剰に反応しなくてもいいので、
普通に通わせてあげるようにしましょう。

手足口病は夏カゼの一種として考えられているものなので、そこまで恐れる心配はありませんが
患者を増やす事は良くないので完治するまでは注意深く様子を見るようにしましょう。


posted by 手足口病を治す at | 治療方法と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。