手足口病は口内炎がたくさんできる


手足口病は発疹がたくさんできる病気で、重症化しない限りはそこまで恐れる事はないものです。
手や足、口、お尻などにたくさんの発疹があり、時にはかゆみを生じる事もありますが、
一番厄介なのは口にできる発疹です。
口の場合は口の周りに発疹ができるのではなく、口の中にできてしまいます。
口内炎のようなものなのですが、これは一つだけではなく中にはたくさんできてしまう子供おり、
激痛を伴う事が良くあるようです。

私たちも口内炎が出来た事があると思いますが、食べ物を食べるとしみる事が多く
食事をするのが嫌になった経験があると思います。
その口内炎が口の中にたくさんできてしまうのですからその痛みは計り知れませんよね。

と言っても食事をしないわけにはいかないのでどうにかして食事をさせるしかありません。
もし手足口病で口内炎が酷い場合は熱いものやしょっぱい、辛いというような味付け、
味の濃い食べもの、硬い食べ物などは与えないようにしましょう。

その代わりにおかゆやプリン、アイスクリームなどの噛まなくてもすぐに飲み込めるような物や、
スポーツ飲料や薄めたお茶、麦茶などで脱水症状を防ぐようにするといいでしょう。
病院に行けばそれに合わせた薬を貰う事も出来るのであまりにも酷い場合は行くといいかもしれません。

手足口病は深刻に考える必要はないと言っても症状は厳しいものなので、
親がしっかりとサポートしてあげられるようにしましょう。


posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。