手足口病で下痢になる事がある


ウイルスの感染症として知られている手足口病は
手や足などに発疹、口の中に口内炎ができるのが特徴です。
場合によっては38度前後の発熱がある場合もありますし、下痢になる事も良くあるようです。
これらの症状は一時的になるもので、熱は2日から3日経てば自然に下がっていってしまいますし、
下痢もそこまで酷くはならないので冷静に対処するようにしましょう。

下痢をしている場合は食事の仕方に気を付けてあげましょう。
乳製品や果汁が入っているもの、油や脂肪分が多く含まれている食べ物、
卵を使った料理は腸に良くないので、
下痢をしている間はこういった食事を控えるようにしてください。

また、この症状が出ている時はアレルギーが起こりやすくなってしまうので、
軽いアレルギーだったとしても絶対にあげないようにしてください。
乳製品も下痢を長引かせてしまう事があるのでなるべくあげないようにしましょう。

下痢の際は手足口病出なくても腸を休ませてあげる必要があるので、
今後この症状が出た時にはこれらの事に気を付けるようにするといいかもしれません。
こういった食事以外は特に問題ないので、
あとは口内炎がしみないような食事を作ってあげるようにしましょう。


posted by 手足口病を治す at | 症状と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。